産業医のバイト求人を探す!?

産業医求人探しナビ TOP << アルバイト探し

産業医のアルバイト探し

法令により、労働者が50人以上働いてる職場では、産業医を置かなければなりません。この場合、嘱託産業医でよいとされています。嘱託産業医は、月に1回もしくは2回、巡回で事業所に行って、労働上のアドバイスなどをします。臨床医と大きく異なるのは、実際の治療よりも、事故や病気の予防に関わる業務をすることです。

産業医の設置は、法令による義務がありますので、違反している企業は罰則があります。設立してから間もない企業でも嘱託産業医と契約しなければなりません。嘱託産業医のバイトは、今後、需要がますます多くなる傾向があります。

産業医資格を持っていれば、勤務医や開業医でも嘱託という形で働くことができます。大企業では終日勤務、週4回か5回というところがほとんどですので、大企業で産業医のバイトをすることはできませんが、嘱託という形であれば可能です。大企業はもちろんのこと、中小企業でも産業医を置かなくてはなりません。法令で定められているからです。

そのため、産業医のニーズはかなり高いです。産業医が、常勤ではなく、バイトとして働くことを希望する場合、医師転職サイトを利用すると便利です。ハローワークインターネットサービスでは、産業医のバイトの求人は皆無ですが、医師転職サイトではとても簡単に求人情報を探すことができます。

地方都市の場合ですが、月曜日から金曜日まで曜日を選択することができます。時間も相談に応じてくれます。勤務形態は、終日、午前、午後。日給6万円、半日では4万円という具合です。また、1回5万円、時給12000円というようにバイトの収入を提示しています。あるいは、日給10万円という案件もあります。給与の傾向としては、大都市の方が高く、地方都市では、少し安いようです。高給、ゆったり勤務という条件を示している職場もあります。

嘱託産業医のメリットは多いのですが、デメリットとして次のようなことが挙げられます。産業医契約書を作成していない医師が多数います。契約書を作成していませんと、後日、トラブルが発生します。産業医が職務履行がじゅうぶんに行うことができないという事態が発生することがあります。

その原因として、企業が適正な報酬を支払っていないという実態が挙げられます。産業医契約書を作成し、企業は産業医に支払うべき報酬を支払い、産業医は報酬を受け取る代わりに職務を行うことが望ましいです。以上のようなケースもありますので、注意が必要です。

最初の契約の時点で、しっかりした取り決めをしませんと、企業も産業医も困った状態に追い込まれることになります。給与、待遇などを正しく決めるため、医師転職サイトを利用することをお勧めします。契約をする際、専門のコンサルタントが、正しい契約の仕方を指導してくれるからです。後日のトラブルを未然に防ぐためにも、医師転職サイトを利用しましょう。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む