中小企業の産業医求人をお探しの方へ!

中小企業の産業医求人情報を探す!

現在、中小企業のための産業医が強く求められています。2006年(平成18)に改正された労働安全法(第66条の8)により、従業員50人以下の事業所においても、長時間労働者を対象とした医師による面接指導などの実施が義務づけられたからです。そのため、産業医のニーズが高まり、産業医の不足という事態が生じています。

産業医を置くことになった理由としては、過労死や過労自殺が大きな社会問題として取り上げられたからです。心臓疾患、高血圧などを抱えた労働者が、過労のために急死する事故が後を絶ちません。このような事故が多発するところは、中小企業です。中小企業の経営者にとって、労働者の過労死は、人材を失うだけでなく、社会的な信用を失墜することを意味します。

信用が落ちれば、取引先や顧客なども失います。その結果、企業が倒産する例もあります。ところが、大企業のような条件で専属産業医を雇用することは、資金的に無理です。それで、嘱託という形で産業医に来てもらうという方法を採るようになりました。このような産業医のことを「嘱託産業医」と呼びます。

大企業が専属産業医を新しく配置する場合、4月から新たな職場に採用されて、働くケースが多いです。中小企業では、時間外労働が月に100時間を超えた労働者が疲労を訴えた場合、直ちに医師による面接・診断が法的に義務づけられています。中小企業で働く労働者にとって、産業医は過労、生活習慣病などから守ってくれる存在といえます。そのため、過労状態、メンタルヘルスなどの知識を持った産業医を必要としているのです。

中小企業の産業医はいつでもニーズがあるので、年間通じて応募しているところが少なくありません。ところが、一つの中小企業が直接募集するケースはほとんどありません。複数の中小企業が産業医に依頼することが一般的ですが、中小企業としても、産業医を見つけづらいという事情があるほか、産業医の側でも嘱託という形で働きたくても、どこに相談したらよいのか分からない状態です。

このような時こそ、医師転職サイトを利用してはいかがでしょうか。企業側と産業医との中立ちをしてくれるのが、同サイトの医療業界について専門的な知識を持ったコンサルタントです。ここで相談すれば、中小企業は理想的な産業医を見つけることができます。一方、産業医としては、自分の希望や条件に合った働き方ができる事業所と契約することができます。以上の理由から、医師転職サイトを利用することをお勧めいたします。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む