産業医に復職したい方の求人探しは!?

産業医求人探しナビ TOP << 復職の求人探し

産業医の復職の求人探し

もろもろの事情で、産業医を辞める方も少なくないと思われます。例えば、病気や事故、出産、育児などで、どうしても辞めざるを得ない場合が出てくるのではないでしょうか。その他に考えられることとして、産業医として勤務している企業の収入、待遇に不満があるなどの理由があります。

このようなとき、再び産業医として働きたい場合、どうしたらよいでしょうか?専属産業医では、4月から就業がスタートしますので、3か月前に辞める旨を届けるのが、暗黙の了解になっているところが多いです。その間、企業は次の産業医を探さなければなりません。認定産業医資格を持っている医師は、医師全体の3割と言われていますが、企業の側としては産業医の経験のある医師を雇用することを希望しています。

また、企業は質の高い産業医を獲得することを望んでいます。そのため、一旦、産業医を辞めた方でも企業からの要請は強いです。ただ、専属産業医の場合、前と同じ企業に再就職するのは、難しいといえます。法令によって、産業医の設置が義務づけられていますので、そこで働いている産業医が辞職したら、直ちに新しい産業医を募集しなければならないからです。

そのため、大企業で再び働くのは、不可能と申しても、過言ではありません。専属産業医を辞めれば、別の企業を探すしかありません。このようなときに、頼りになるのが、医師転職サイトです。このようなサイトに登録しますと、産業医として再び働きたい希望を持っている医師の方々のために、親身になって相談にのってくれます。

女性産業医のケースですが、出産のため産業医を辞職しました。産休をとって職場に復帰することもできたのですが、子供との時間を優先したいという理由で、以前と別の産業医になることを望んでいました。そこで、医師転職サイトに登録しましたら、すぐに就職先が見つかりました。このような例は、数多くあります。

以前と異なる企業に勤務を希望する場合、履歴書の書き方や面接に受かるコツなどを教えてくれます。もちろん、豊富な募集情報の中から、自分に最も適した職場を選ぶことができます。面接に行くときは、医師転職サイトの専門コンサルタントが同行してくれることもサービスの一つとして、行ってくれますので、このようなシステムを使わない手はありません。登録するのにお金はかかりません。登録も約1分で済むほど簡単です。ぜひ、登録してご覧になったらいかがでしょうか。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む