産業医の業務内容

産業医の業務内容

産業医の業務内容は、企業で働いている労働者の健康管理です。労働者が健康で快適な作業環境のもとで、作業できるように経営者にも労働者にも指導を行います。高血圧、糖尿病、心臓病などの生活習慣病、うつ病などの精神病を抱えている労働者が増えています。

また、働き盛りの従業員が過労で倒れたり、過労自殺などの問題が出ています。厚生労働省はこのような問題に対して、企業に法的な義務を強化しました。それで、労働者の健康管理を行う高度な医学知識を持つ産業医を企業に置くよう指導しました。産業医の仕事は、多岐に及びます。

健康な従業員に対しては、病気にならないように健康診断や健康相談を通じて健康促進、健康維持の助言をします。病気になった従業員に対しては、労働現場での配置転換などにより、定年退職まで働けるように指導します。職場環境に問題がある場合、安全で快適な職場づくりをするように経営者に改善を求めます。企業で働く労働者が定年まで元気で快適に働けるように支援するのが産業医の仕事です。

労働者の健康は、企業の財産でもあります。労働者が定年まで元気で働けるように医療的なサポートをします。不健康な企業は利益を生み出すことができません。健康な企業になり、社会に貢献するように働きかけるのが、産業医の最大の役割です。産業医の職務は、3つあります。「作業管理」「作業環境管理」「健康管理」です。

さらに詳しく説明しますと、「労働安全衛生法の規定による職場巡視」「作業環境の改善に関するアドバイス」「労働者の健康増進に関する提言」「有害物質の管理」「職場衛生委員会への出席」「健康診断の仕組み作りとその実施」「検診機関の紹介」「健康診断後の健康指導」「生活習慣病を防止するための健康増進運動」「健康促進のための講演会の実施」「労働制の個別指導」「病院紹介」「入社時の健康診断の判定」「病気療養後の復職相談」「海外赴任時の健康指導」「メンタルヘルスへの対応」「カウンセリング」などです。

産業医に求められる要素は予防医学的な指導やカウンセリングです。例えば、それまで臨床医として働いておられた方が産業医へ転職活動を行うときに悩むのが、産業医の業務ではないでしょうか。臨床医に求められていた役割は「患者の治療をする」というものです。それに対して、産業医は企業で働く労働者に医学的な指導を行うわけですから、不安になるのも分ります。このような悩みを持つ医師の方は、結構多いのです。このような時こそ、医師転職サイトをお気軽に利用してはいかがでしょうか。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む