健康相談の産業医求人をお探しの方へ!

健康相談の産業医求人情報を探す!

産業医は労働者50人以上の事業所の場合、選任する義務があります。3,000人以上ともなる大企業となれば産業医は2名以上必須となります。産業医は労働者の健康管理をはじめ、衛星教育、活力のある職場作りに貢献する職業であるといえます。ストレスの多い社会の中、労働者の精神面でもサポートできる産業医が必要とされています。労働者の心の健康を維持することが企業の生産性の向上にも繋がるため、メンタルヘルスに重点を置く企業も増え、産業医の重要性が認められるまでになりました。

こうした背景の中、産業医の需要は増加傾向にあるものの、大企業においても産業医は各企業で1人〜3人程度の需要です。当然ながら採用率と言う面では難関といわざるを得ません。しかし最近では労働者の健康相談を積極的に行い、精神的健康をサポートする体制をとる会社が増加しています。企業が求める産業医として心の健康管理に対応できるスキルを身につけておけば、就職の際にも有利になることは間違いないでしょう。

実際、いくつかの企業では産業医による健康相談の場を設けているようで、そこでは日頃の不満や不安、抱えているストレスなどさまざまな相談をすることでアドバイスを受けることができます。商工会議所などでも従業員が50人未満の小規模の中小企業などを対象に産業医による相談窓口を設置しているところもあります。労働者のメンタルメンの管理を行うことで、体制や基盤もしっかりしてくると思います。健康で快適な環境を整え、企業内での事故、自殺、欠勤等を未然に防ぐことが産業医の重要な仕事と考えます。

産業医の視点から労働者へ健康のアドバイスが出来ることが必要になります。また健康相談では体の健康の事、自分自身のこと以外にも、家庭での悩み事など仕事以外の相談ごとも時に受けることがあります。企業は肉体面、精神面の両方の健康相談が出来る産業医を必要としています。産業医には医学知識以外にも人の悩みを聞き、アドバイスできるコミュニケーション能力も求められるようになります。あとは医者ならば当然ですが、医者には守秘義務というものがあり、第三者への相談事項の漏洩を絶対にしないことです。

産業医の求人条件欄に、ここまで詳しい条件は載せていないと思います。が、言うまでもなく当たり前の採用条件としてこれくらいは認識しておきましょう。産業医の求人はそれほど多くはありませんが、健康相談の出来る産業医として企業側のニーズにこたえられるスキルを身につけておけば採用に有利に働くかもしれませんね。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む