神奈川の産業医募集をお探しの方へ!

産業医募集@神奈川

産業医は従業員数の多い大手企業になればなるほど、専属産業医の重要度が増してきます。抱える従業員が多ければ1日の診療対象者数も多いためです。大企業の工場は広大な敷地を必要とするため、土地の高い都心部よりも地方に工場を構える企業が多いです。また工場に限らず各地方に支店を置くことで幅広い業務展開を行うことができます。そのため地方での産業医の重要性も高く、優秀な産業医を配置することで企業側は労働者の健康管理、環境管理等に努めているといえます。

各地方で産業医募集は行われていますが、比較的首都圏から近い神奈川県の産業医の募集内容はどうなのでしょうか。実際には非公式で産業医の募集を行っている企業も多く、求職サイト等に上がっているのはほんの一部なのかもしれませんね。常勤の専属産業医、非常勤の産業医どちらも募集があり、やはり従業員が1000名を超える企業が多い傾向にあります。大企業になると得意な診療分野を分けて募集しているところもあり、仕事内容も労働者の健康管理が中心になってきます。勿論、本来の産業医は健康管理以外にも作業管理、衛星管理、職場巡視などの役割も担っています。

神奈川県は都心部の騒々しさから少し離れ、交通の便も悪くないことから、神奈川県での産業医を希望する人も多いといいます。神奈川県には大手企業も多く、専属の産業医になれば高収入も約束されたようなものです。神奈川県での産業医の年収は東京、千葉と肩を並べるほどだと言います。これも神奈川県で産業医を希望する人が多い理由の一つでしょうね。地方での産業医の魅了は給与のほかにも将来的に昇進し企業の中でも比較的偉い立場の地位にたてる可能性があるということもあります。特になり手の少ない地方の産業医の場合は、都市部の産業医よりも高収入を得る場合も多いようです。

ただ、地方の産業医のデメリットとしていうなら、大きな病院での勤務とは異なるため最先端の医療とは少しかけ離れるため、最新の医療に疎くなる、出遅れる傾向にあります。これは最新医療機器の揃う病院ではないため仕方ないことですが、それ以上に産業医の持つ魅力は大きいといえます。残業も休日出勤もなく、救急の呼び出しもない上、高収入となれば尚更でしょう。だからといって産業医が楽な仕事ということは決してありません。産業医は企業と労働者の間で中立の立場でアドバイスや提案をしていきます。

大きな工場などが多い製造業に勤務する産業医は、工場からでる有害物質による産業公害防止にも力を注いでいます。地方の産業医、とくに製造業の現場で働く産業医にとって公害問題は大きなテーマでもあり産業医の今後の活躍にも企業の期待が高まっていると言ってよいでしょう。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む