京都の産業医募集をお探しの方へ!

産業医募集@京都

産業医は従業員数の多い大手企業の場合、必ず選任しなければなりません。また首都圏では大手企業の本支店が多く専属産業医の重要性も高く、産業医の求人も増えつつあると言います。昨今、労働人口も高齢化し、労働者の健康管理面をしっかりサポートできる産業医の需要が高まっています。産業医は労働者の健康管理や衛生管理、作業体制の充実化を考え、働きやすい環境体制を整えるなどの業務を行いますが最近ではメンタルヘルスの重要性も高まっています。

体は健康でも心の病を抱える労働者は多く、仕事にも悪い影響を与えます。企業側はメンタルメンでも従業員をしっかりサポートできる体制作りに重点を置く企業が増えています。労働者の心の充実こそが良い仕事に繋がり、しいては企業発展にも繋がると考えられており、産業医は労働者、企業の両方に中立の立場からアドバイス、ケアを行う必要があります。首都圏とは少し離れた古都、京都においても産業医に求める能力は同様です。しかし京都は首都圏とは少し環境も違い、デスクワークよりも大企業の工場などの専属産業医の求職も多いです。京都には大手企業の工場も多く、産業医募集も随時行われています。京都は地方といっても産業も盛んで進んでいる為、生活面での不自由は感じることはなく、働きやすさと住みやすさを合わせ持つ場所ではないでしょうか。

京都の産業医の収入は、東京や千葉などの首都圏に比べると物価高の違いもありますが、若干安いかもしれませんが、高収入な職業には違いありません。労働条件をみても、休日もきちんと確保され、残業も無ない上、時間外のオンコールもないなど好条件です。そのため応募人数も多いことから、非公式で産業医の募集を行っている企業も少なくありません。京都では従業員が500人未満の中小企業も多く、専属の産業医まで必要としない週に1回や月に数回などの派遣タイプの専属医を必要としている機関からの求人も見られます。従業員が数百人などの工場に定期的に訪問して、時には心のケアに関する講義が行われたりします。こうした活動を続けるなかで従業員との信頼が築かれるそうです。

工場の多い京都など地方の産業医には健康管理、作業管理、衛星管理といったこと以外に工場から出る有害物質汚染による公害対策にも力を注ぐ必要があります。地域の公害問題、公害による健康被害の究明も実は産業医にとって重要な仕事であり、産業や周辺地域にとって大きく貢献します。また以前から地方の産業医はこうした問題に真剣に取り組み、問題解決にむけて努力してきたといいます。企業にとってもこうした産業医の存在はとても重要であり、産業医は大きな役割を担っています。京都は、日本を代表する歴史建造物が多く、風情のある地域であり、落ち着いた雰囲気の中で仕事が出来るといったイメージがあります。産業医は雇用形態の面で非常に優遇されており、収入も高めです。地方の産業医となれば高い地位に就くこともあるほどです。一度就くとなかなか辞める人も少なく、非常に安定した職業といえます。

ただ、やはり最先端の医療の中で働く医師とは異なるため最新医療とはかけ離れて疎くなる、出遅れる傾向は京都も例外ではありません。首都圏で働く産業医はもしかしたら時に最新医療に触れる機会があるかもしれませんが、京都などの地方の産業医になるとそれも難しいといえます。産業医そのものがもともと一般の病院で働く医師とは異なる業種のため仕方ないことです。しかし、それ以上に産業医の持つ魅力は大きいといえるのではないでしょうか。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む