大企業の産業医求人をお探しの方へ!

大企業の産業医求人情報を探す!

従業員数が1000人を超える大企業の場合、必ず常駐する産業医が必須となっています。業種によっては500人以上の労働者でも産業医が必要となる場合もあります。産業医は事業場の労働者の健康管理等の仕事を任されています。産業医の中でも大企業の産業医は高額な給与で安定的な仕事を委託されているといわれます。当然、大企業の産業医へ転職、就職を希望する医師はかなり多く、それだけ競争率も高くなってしまいます。

大企業が産業医の求人を出せばあっと言う間に求人枠を超えてしまうでしょう。また大企業ともなれば産業医の求人依頼を出すより、企業側が独自に産業医を探し出してくるといったケースが多いようです。大企業からの産業医の求人は思っている以上に少なく、表立った求人情報もあまりありません。こういた理由で大企業の産業医になりたくてもなれない現状がここにあります。大企業の産業医は非常に狭き門ということですね。

大企業での産業医としての勤務を希望する医者が多い理由の一つに労務関係などの基盤がしっかりしていることも挙げられます。老後の事も考えて退職金制度のある大企業は安心です。残業も殆どない、給与も高収入、休日面をみても非常に安定した産業医はたとえ大手企業の求人でなくても人気の高い職業だと思います。それが大企業からの求人となれば尚更人気が高くなるのは当然です。

産業医の求人情報を調べるにはやはりネットが便利です。まずはネットを使って産業医求人募集などを探していきましょう。産業医には非常勤務の委託産業医と常勤で労働時間内は会社に勤務するかたちの専属産業医とにわかれます。非常勤の産業医は主に中小企業から嘱託で選任されています。大企業の産業医の場合は専属産業医が必須となり求人でも専属産業医を求められます。。産業医は一般の医者と違って訴訟リスクも低く、残業も当直もオンコールもないという具合に労働条件がよく、福利厚生も充実していることから離職率も低いといわれます。そのため余計に求人数も少なく産業医としての就職が困難になるというわけです。

貴重な大企業の産業医求人の情報を入手するには転職エージェントなどの求人サイト等の登録は必須だと言えます。しかしながら、産業医の求人の場合、応募が殺到することが予測されため、非公開案件の扱いになっていることが多いのも現状です。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む