残業なしの産業医求人はある!?

残業なしの産業医求人情報を探す!

産業医とは事業場に勤める労働者の健康管理、衛生・職場環境の管理などを行う医師であり、50名以上の労働者をもつ事業場には、この産業医の選任が労働安全衛生法によって義務付けられています。500名、もしくは1000人以下の場合は非常勤の産業医ですが、1000人を超えると常勤の産業が必須になってきます。産業医は医師なら誰でもなれるわけではなく、労働衛生コンサルタント試験に合格、または日本医師会認定の研修の修了などの資格が必要です。産業医は専属で雇用された場合、他の労働者と同様の就業規則に従って働くようになります。

産業医は他の病院で働く医者とは違い、それほど超過労働を強いられない職業だといえます。労働基準法に定められた法定労働時間で働くため週40時間、1日8時間の勤務が基本です。自法定労働時間以上の仕事、つまり産業をする場合はあらかじめ代表者と書面による協定を結び、所轄の労働基準監署に提出しておく必要があります。産業医はたいていの場合、定時で勤務が終了するため、産業も殆ど無く収入面でも安定した職業と言えるでしょう。

産業医の仕事は一般の医者のように患者を治療するといったことは基本的にないと言われています。求人欄の仕事内をみても一日の対応患者数は10人未満で、病気といっても風邪や熱などの軽い体調不良などの対応が殆どのようです。患者の対応についても外傷は必要最低限の初期対応、薬の処方は一般の市販薬、事業場で対応できない病気や怪我に関しては近くの医療機関へ搬送するといった対応です。このように、仕事内容からみても残業したくても残業できない、する必要のない職務とも思えますね。

産業医の求人を見ても産業なしと求人欄に記載している企業も多々有りますし、残業なしを条件に産業医の求人を探すことも難しくないといえます。また、産業医は給与面みても年収1,000万を超える企業も多く非常に安定した職業です。通常の医者では当たり前の残業も産業医には殆どなく、給与もある程度保障されている産業医に魅力を感じる人は多いと思います。

病院に勤める一般の医者は勤務時間外であっても急患などの緊急対応を強いられることもごく普通にあることですが、産業医の場合はそういった勤務時間外の対応等も一切ない事業場が殆どです。残業なしの産業医の求人を探す時念のため労働条件に産業の有無を確認しておきましょう。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む