沖縄の産業医募集をお探しの方へ!

産業医募集@沖縄

産業医は従業員数の多い大手企業の場合、必ず選任しなければなりません。また地方などに多い中小企業でも50人以上の従業員を抱える企業は労働安全衛生法により産業医の選任義務が生じます。沖縄などの地方でも産業医の需要が高まり、昨今では労働人口も高齢化し、労働者の健康管理面をしっかりサポートできる産業医の必要性が高まっています。産業医は労働者の健康管理や衛生管理、作業体制の充実化を考え、働きやすい環境体制を整えるなどの業務を行いますが最近では心の病をケアできる、メンタルヘルスの重要性も高まっています。

沖縄は本州とは離れた島であり、地方でも本州の地方のような大規模な工場といったものはあまり無く、常勤の産業医をまでは必要としない中小企業の産業医求人が多いようです。沖縄の場合は製造業よりもサービス業が発達していますが、就業者が集中するため労働者に対する労災対応や福利厚生の充実化の面で遅れており、沖縄の産業医には労働者の健康管理、作業環境対策、衛生環境対策などの臨床業務以外にも企業、労働者の間に立ち、中立な立場からの指導的役割が期待されています。また、沖縄でも心の病を抱える労働者が増えており、企業側はメンタルヘルスに対応できる産業医の重要性を認識しています。沖縄では労働災害による死傷者数も増え、労働災害防止対策にも力を注いでおり、こうした対応のできる産業医が求められています。

沖縄の産業医の収入面を見ると、東京や千葉などの首都圏の水準に比べると若干年収は落ちるものの高収入あることに違いはないです。地方の産業医の場合、首都圏のように大人数ではなく、少数の体制の中、産業医が協力しあっている所が多いです。そのため、一人ひとりの抱える仕事は多いですが、やりがいが見出され、しいては仕事の成果が認められれば昇進し、将来的に比較的良い地位までいける可能性高いというのも地方で働く産業医の魅力でもあります。沖縄は大きな企業こそあまり有りませんが、中小企業が多く、地域によっては産業医が不足している所もあります。そのため沖縄では常駐する産業医よりも、週に1回や月に数回などの派遣タイプの産業医の求人が多いかもしれませんね。

企業にとって産業医の存在は地域に関係なく、とても重要であり、産業医は大きな役割を担っています。沖縄は産業の町というより観光の町、リゾート地ということもあり工業よりもサービス業を中心に栄えています。人とのふれあいを通じて、その土地の生活習慣を熟知した上での提案、アドバイスが産業医にも求められます。

産業医は人気の高い、魅力的な職業ではありますが、欠点として最先端の医療の中で働く医師とは異なるため最新医療とはかけ離れて疎くなる、出遅れる傾向にあるということです。通常の病院から転職した場合、ギャップの違いに疎外感、最新医療に出遅れることの不安などを抱く人もいると思います。しかし、もともと産業医そのものが一般の病院で働く医師とは異なる職業であるため、仕方ないことですし、産業医になる以上、理解して仕事に取り組まなければなりません。しかし、私が思うに産業医は、そういった欠点を補うだけの大きな魅力をもつ職業だと思います。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む