産業医になるための転職のポイント

産業医求人探しナビ TOP << 転職のポイント

産業医の転職のポイント

近年、職場で働いている労働者の健康管理を専門に行う産業医の役割は重要になっています。過重労働による心臓疾患や精神病の労災保険請求、認定者数の増加、定期一般健康診断結果での有所見者割合が半数近くになっていると言われています。仕事に関して強いストレスや不安を感じている労働者も半数以上という労働環境になっています。

また、少子高齢化に伴う年金支給開始年齢の引き上げにより、65歳までの雇用延長の義務づけのため、高齢になるまで元気で働ける環境づくりなど、きめ細やかな産業医による労働者の健康管理指導が必要な状況になっています。そのため、産業医のニーズは年々高まる傾向にあります。

また、一方では産業医になることを希望する医師も増加しています。医療機関で働く臨床医と異なり、治療ミスなどによる訴訟リスクがなく、当直などもないからです。さらに、大企業で勤務する専属産業医は、そこで働く労働者と同じ勤務形態になるため、月曜日から金曜日の9時から17時まで働けばよく、週休2日制で土日祝日は休むことができます。 このような勤務形態では、家族とともに過ごすことができるという理由で、産業医を目指す人も少なくありません。専属産業医では年収は1000万円から1200万円が相場です。男性医師だけでなく、子育てをしている女性医師にも魅力的な仕事といえます。

産業医の業務としては、従業員の健康や職場環境の管理、あるいは、健康のためのアドバイスなどがあります。従業員の定期検診の実施なども含まれますが、基本的に産業医は手術などの医療行為に携わることはありません。数多くの中小企業では、産業医を嘱託という形で雇用しています。いわゆる非常勤です。非常勤の産業医の多くは本業があり、それに加えて産業医をしているケースがほとんどです。

医療機関に勤務している医師が産業医への転職を考えるならば、認定産業医資格を取得しなければなりません。この資格は、日本医師会が定めているもので、所定の研修施設で、決められている単位を履修する必要があります。認定産業医の資格を取ったら、非常勤または専属の産業医になることができます。

産業医の求人情報は地元の医師会に問い合わせるという方法もありますが、企業が医師会に産業医の募集情報を提出することは稀で、年間通じて数件という状況の所も少なくありません。ハローワークで見つける方法もありますが、産業医の募集情報はないこともありませんが、自分の希望する条件で雇用してくれる企業を見つけるのが難しいのです。

このようなときに、便利なのが医師転職サイトです。ここに登録することにより、収入や待遇など希望している条件に合った企業を見つけることができます。単に見つけるだけでなく、履歴書の書き方、面接を受けるときのコツなどきめ細やかな対応をしてくれます。医師転職サイトに登録するのは無料です。雇用先がサイトに料金を払ってくれるからです。このような方法を利用しない手はありません。ぜひ、登録することをお勧めいたします。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む