専属産業医の募集は!?

産業医求人探しナビ TOP << 専属産業医の募集

専属産業医の募集探し

1000人以上の労働者が働く事業場、あるいは法令で定められた有害業務に500人以上の労働者を使用している事業場では専属の産業医を選任しなければいけないことになっています。また、3000人以上の労働者が常に働く職場では、専属産業医が2人以上必要とされています。

産業医として企業で働くことを考える際、従業員数にも注意する必要があります。嘱託産業医が中小企業で働くのに対して、労働者数の多い大企業に勤務する産業医を専属産業医と呼びます。前者と後者とでは、同じ産業医ですが、別のものとして区別されます。嘱託産業医と異なり、大企業に勤務する専属産業医は、そこに勤務する労働者と同じ労働条件になります。大企業の就業形態が産業医にも求められる場合がほとんどです。

大企業の大半は、大手製造業ですので、月曜日から金曜日まで9時から17時まで勤務し、週休2日制ということになります。臨床医と違って、労働環境の改善や労働者の健康促進のための業務が中心ですので、当直はありません。専属産業医が週5日勤務すれば、年収1000万円から1200万円が相場です。外資系企業では、英会話のスキルが求められるので、一般的には10%以上の年収になります。

専属産業医は、前述したように週休2日制で、収入も安定しています。臨床医では、医療ミスなどによる訴訟リスクがありますが、産業医にはありません。そのため、企業が倒産しない限りは、長期間勤務する人がほとんどで、専属産業医の人気が高まっています。

大企業では、ホームページを出しているところがほとんどですが、採用情報のコーナーで産業医の募集をしているところはほとんどありません。大企業に勤務するわけですから、ハローワークに行けば、求人情報を見つけることができるというイメージがありますが、求人情報はないことはありませんが、数が少ないのです。その上、表面的な情報しか知ることができません。 ところが、医師転職サイトでは多くの専属産業医の募集情報があります。公開されている情報以外にも、非公開という形で多くの求人情報があります。さらに、様々な勤務条件をチェックすることも可能です。収入、待遇などの情報を具体的かつ詳細にわたり知ることができます。

それまで臨床医をしていた人が専属産業医になりたい場合、あるいは、若い医師が専属産業医になることを希望している場合にも、医師転職サイトではきめ細やかなサービスをしてくれます。履歴書の書き方、面接を受ける時のアドバイスをはじめとして、面接に同行して企業側と交渉してくれます。実際に専属産業医として企業で働いてみたら、最初の話と違うと思ったときも、医師転職サイトの担当者が交渉してくれます。以上のように専属産業医になりたいときに力強い味方になってくれるのが、医師転職サイトです。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む