産業医とは!?

産業医求人探しナビ TOP << 産業医とは

産業医とは

「産業医」という言葉を耳にしたり、ご覧になったことはありませんか?企業の中で、労働者が健康で快適な環境で仕事ができるように、指導や助言をする医師のことです。従業員が50人以上の企業では「嘱託」の産業医が、従業員が1000人以上になると「専属」の産業医が必要になります。

産業医は医師ですが、基本的に手術などの医療行為は行いません。企業の職場環境や従業員の健康を管理してアドバイスを行うのです。従業員には派遣社員やパート勤務も含まれています。企業には、本社と別に支店がある場合も少なくありません。このような場合でも、50人以上が働いていれば、場所ごとに産業医を置かなければなりません。これは法律で定められています。 従業員の数が50名以上3000名まででしたら、産業医を1名必要とします。3001名なら、2人の産業医を置かなくてはなりません。産業医の勤務形態として「嘱託」と「専属」があります。前者は、非常勤、つまりバイトです。この場合、産業医は他の仕事と兼務することができます。

後者は、企業の正規職員として、勤務する形で働きます。従業員999人までなら嘱託産業医を置けばよいのですが、それ以上でしたら、専属産業医を雇うことになっています。1996年の労働を安全衛生法の改正により、産業医は労働者の健康管理などを行うのに必要な医学に関する知識について厚生労働省令で定める一定の要件を備えたものでなければならない、と規定されました。これは、安全衛生法第13条第2項です。

ここで定められている一定の要件とは、以下です。
1、厚生労働大臣が定める産業医研修の終了者
2、労働衛生コンサルタント試験に合格した者
3、大学において労働衛生を担当する教授、准教授、常勤講師の職にあり、またはあった者
4、厚生労働大臣が定める者 以上のいずれか、または複数に該当する者が産業医になれます。産業医の業務を分野別に分けると「総括管理」「健康管理」「労働内容管理」「労働環境管理」「労働衛生教育」の5つに分類することができます。産業医は、事故、病気などが発生する前にそれを防止するという医療の本質的業務を担います。そのため、労働現場、関係法規、行政制度などの情報に精通していることが望まれます。

また、産業医の能力や権限で遂行できる業務と事業場の保険スタッフの協力がなければ、遂行できない業務や企業の経営者の了解や協力を得なければ、進まない業務もあります。企業の職場環境は、社会情勢とともに日々変わっていきます。そのため、産業医には、最新かつ高度な水準が必要とされます。このようにして従業員の先頭となって活躍することが期待されています。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む