東京の産業医募集をお探しの方へ!

産業医募集@東京

日本で最も産業医を必要としているのは東京です。大手企業の本支店が数多く存在するからです。株式上場企業の本社所在地は東京におよそ1800あります。そのため、産業医の求人も東京に集中しております。求人サイトでも東京での募集が圧倒的に多いです。

産業医は東京に自宅を持っている人もいますが、神奈川県、埼玉県、千葉県など首都圏から通勤するケースも少なくありません。例えば、大手製造企業の場合、工場は日本各地にあっても、東京本社では高層ビルなどにオフィスを構え、その中で従業員がデスクワークを行っています。終日、パソコンに向かっている労働者が多いので、テクノストレスなどメンタルヘルスに関する問題を抱えています。

そのために、産業医が必要となってきます。また、最近の傾向として過労死、あるいは過労自殺の問題が挙げられます。このようなトラブルを避けるためにも、産業医の必要性が高まっています。テクノストレスのみならず、高齢化した労働者の健康管理という意味でも産業医の役割は多いといえます。産業医の給与は、雇用している企業の方で規定されているケースがほとんどです。一般社員と比較して産業医の給与は高く設定されています。

そのため、正社員としてではなく、雇用期間を絞っているところもあります。つまり、契約社員という形で募集するのです。一般社員よりも、少ない勤務時間で働けるというメリットはありますが、その代わり、給与はそれほど高くはありません。従って、高額収入を望む産業医には、適していないといえるでしょう。ただ、企業の1社員として長期間働くことを望んでいる人には、向いているといえそうです。

東京では産業医の募集は、公に行われていません。例えば、企業のホームページなどで、産業医の募集記事は掲載されません。産業医が医師転職サイトに登録することによって、職場を得るという形が多いようです。

東京都医師会では産業医の募集や紹介は、行っていません。ハローワークに産業医の募集が掲載されることはありますが、勤務条件などを自由に選ぶことできません。産業医は、嘱託か専属あるいは、非常勤かなどで、給与や休日や勤務時間などの条件や待遇が異なります。

東京の場合、23区内には大きな工場はありませんが、町工場や下請け工場など中小企業が多いです。これらの企業では、専属ではなく、嘱託としての要請がほとんどです。一方、大手デパート、テレビ局、広告会社など知名度の高い大企業も数多く存在しています。これらの企業では、専属産業医と嘱託産業医の両方を募集しているところもあります。 企業によっては、従業員が残業している場合に備えて、産業医にも残業を求めるケースもあります。これらは、契約という形になりますので、医師専門求人サイトを経由して条件や待遇の確認をしておく必要があります。例えば、企業によって残業手当が支給されるところとされないところがあります。後のトラブルを避けるためにも、医師求人サイトへの登録をお勧めいたします。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む