産業医のやりがい

産業医のやりがい

企業の中で働くことにより、従業員の健康を促進して生産性を高めることが「やりがい」と言う産業医が少なくありません。一口に医師といっても、いろいろな価値感を持っています。大病院などの医療機関で最先端の医学に触れ続けたい、日本の医学を発展させられるようになりたい、など常に医学という学問に触れながら働くことについてのこだわりを持っている医師もいます。産業医は企業で、健康診断のカルテの分析を行ったり、職務の安全性を高めるための方針を考えたりすることが基本的な仕事です。企業の生産性を高めるのが、産業医の存在意義でもあります。

ただ、中には自分が医師という専門性の高い免許を持っているために、産業医の仕事が物足りないと考える人がいるのも事実です。最近では「メタボリックシンドローム」という言葉が注目されています。そのため、肥満、生活習慣病、うつ病、過労死、過労自殺など企業でも従業員の健康に対する意識が強くなっています。長期間の不況の影響で、企業は産業医を置く体力が弱くなっているという説がありますが、現在、産業医は高い需要があります。 産業医は企業の「ホームドクター」と表現する傾向もあるようです。製造業での産業医の活動として、「アスベスト対応」「メンタルヘルス」「リスクアセスメント」「過重労働対策」が挙げられます。その上、生活習慣病対策も重要性を増しています。また、地域や職場でも様々な課題があります。

そのため、医師たちがそれぞれの専門領域を組み合わせて対処する動きが見られます。悩みを抱える従業員の上司、同僚、家族などといっしょに解決策を考える企業も少なくありません。最近の傾向としては、若い人でも終身雇用志向が高まっています。あちこち転職を繰り返すのではなく、就職先で長い期間働くという考えを持つ人が少なくありません。一方、経営者は、従業員は使い捨ての道具ではなく、労働資源と考える向きもあります。

そのため、従業員の健康を投資の対象と考える人が多くなりました。企業のホームドクターへの期待は、これからどんどん増えていくでしょう。例えば、関東の工業地帯にある大企業では、従業員やその家族だけでなく、地域住民の健康の指導を行いました。産業医が率先して、以上の働きをしたのです。これは、産業医の責任と地位がどれくらい高いかを示している好例と言えましょう。産業医のやりがいは、企業の経営者とともに従業員の健康をいかにして維持するか、というところにありそうです。

当サイト一押しの産業医の求人掲載サイト!

第1位

医師転職ドットコム

医師転職ドットコムの詳細説明



医師転職ドットコム公式サイトへ進む
第2位

リクルートドクターズキャリア

リクルートドクターズキャリアの詳細説明



リクルートドクターズキャリア公式サイトへ進む